ゴミ箱の中のメモ帳

まだ見ぬ息子たちへ綴る手記

シンプルに考える

LINEを使っているも多いと思うが、そのLINEを作った会社、LINE株式会社のCEOが書いた書籍。

どのように考え仕事をしてきたか、なぜノリニノッているLINE株式会社のCEOを辞めたのか。それが本書には書かれている。

シンプルに考える

シンプルに考える

続きを読む

火花

今年は1日一冊読むとしている読書の目標であるが、その中にフィクションも混ぜ込んでいこうと思って読んだ第一弾。

芥川龍之介賞を受賞した際に大々的に騒がれていたが、読んでみるとこれが純文学足り得るのかという内容であった。話題性には良かったのかもしれないが、なかなか純文学は難しい。

火花 (文春文庫)

火花 (文春文庫)

続きを読む

苫米地 思考ノート術

苫米地英人の書籍は数十冊読んできたが、なぜかこの書籍が漏れていた。

本書は苫米地英人の書籍としては珍しく、実践編。それも、ノート術というあまり苫米地英人がこのまなさそうな内容になる。

なので、思考ノート術とあるが、実際は頭の中のノートに書くというような内容になるかと思いきや、実際にA4以上の上に書いて思考を高めるという内容になる。驚いた。

苫米地式 思考ノート術

苫米地式 思考ノート術

  • 作者:苫米地英人
  • 出版社/メーカー: コグニティブリサーチラボ株式会社
  • 発売日: 2017/01/30
  • メディア: Kindle

続きを読む

しないことリスト

著者のphaの補足として「京大卒・元日本一のニート」と書かれていて胡散臭かったが、手にとって見ると出だしから心を奪われた。

本当にそのとおりだ。

世間ではしなければいけないことにあふれている。これをしないとやばいと脅しをかけられ、しなければならいことが更に溢れ出す。

しないことリスト (だいわ文庫)

しないことリスト (だいわ文庫)

  • 作者:pha
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2018/09/12
  • メディア: 文庫

続きを読む