ゴミ箱の中のメモ帳

まだ見ぬ息子たちへ綴る手記

これから株式投資を始めようとする馬鹿

以前の記事に、株式投資で数千万円利益を出していた話をちょこっと書いたら、それに食いついてきたお客様がいた。

これから株式投資を始めようと思うが、どの株式を購入したら良いのかと言うお話。

まず、これから株式投資を初めようとするのは基本的に馬鹿だと言う認識を持っていなければならない。

なぜなら日本の人口は減少しているのだから、これから先、日本の経済は低迷し、株価が下がって行くことは逃れようが無い。なので、日本の市場をターゲットにしていては長期では儲かることはない。



私は高校生の頃に株式投資を始めたので、現在でも二十年近い経験を持っている。数千万円利益を出すこともあれば、数千万円マイナスを出すこともある。そして、この度、株式投資から一旦手を引いた。
これから先、一旦は株価は大きく値上がりするが、その先は下降するだろう。

5年ほど前からNISAが始まり、そこで今まで株式購入をしていなかった人が株式購入を初めたことにより株価は上昇している。これは経済成長ではなく、新規購入者が急に多量に市場に乱入してきたのであるから、これまでの上昇下降傾向など知らずに買いが入り株価は上昇しているだけになる。いわゆるアベノミクスだ。

現在もNISAを利用して新規参入している日本国民はいるわけだけど、これから下降するであろう市場に手を出すのは利口ではない。要は馬鹿だ。

今までに株式投資を行なっていた人がNISAを利用して節税するのであればNISAは有効であるが、これから新しく使うものではない。


だが例えば、証券口座を開くとキャッシュバックがあったりするので、そのキャッシュバックの範囲内で損を抑えるようにし、経験してみると言うのは、投資経験としては有用だろう。
そこで儲かれば、利益が出た分の範囲で損切りをすると言うルールに徹すれば、赤字にはなるまい。株式投資は、この瞬間に書いたいと思った時に買えるように、口座を持っておくと便利だと言うのは間違いない。






FXはギャンブルであるが、同じく、キャッシュバックの範囲内で行えば、実際にFXがギャンブルだと言うことを知ることにもなるだろう。